司会者写真 司会(松井)
 みなさん、お待たせいたしました。ただいまから、川崎市市民健康の森・もりもり交流フォーラム「つくる森、育てる緑、たのしむ人」を開催します。私は司会役のひとりである「宮前区森人の会」などの活動をしています松井隆一です。
  司会(曽我)
 私は、麻生区市民健康の森を育てる会の曽我千文 です。それでは、これから、第1部「個性を競う7つの森」をはじめますが、まず、最初に本日の会の趣旨について、「健康の森フォーラム」市民プロジェクトチーム代表の土方武さんにお話していただきます。

 

土方様写真 川崎市では、7区で市民健康の森事業が市民参加で進められております。今日午前中には、中原区で7区で最初の森がオープンし、たいへん多くの方々が集まってお祝いをされたそうで、おめでとうございます。
 市民健康の森事業は、7区それぞれ事業の開始年度も違いますし、取り組み方にもそれぞれ特色があ る。7区の事業に関わる市民たちが集まって話し合うフォーラムができないかということで、今年5月頃から私たち健康の森に関わった市民が各区2名ずつ集まり、6回にわたって、それこそもりもりと、どのようなフォーラムにしたらよいかを話し合ってきました。
  基本的には講演会スタイルではなくて、みなさんでわいわい話し合えるスタイルをつくろうということで、相談してまいりました。
  私は6区の市民健康の森の市民説明会に参加してきましたが、みなさん区内の1ヵ所に絞ることに、大変苦労しておられました。私の住んでおります宮前区でも森に決まったところ以外に、残しておきたい緑はたくさんあります。結果的にそれらの緑地を緑の回廊でつなごうということになりました。
  今回も、7区の森を結びたいと考えております。ひとつは、ソフト面ではこういう話し合いで、それぞれの森づくりのノウハウを結びたい。もうひとつ、ハード面では、候補地の点を緑道なりで結んで線にしたい。そんなことを考えておりますので、よろしく、お願いいたします。 市民健康の森紹介〜7つの森の現在と未来〜  司会(松井)土方さん、ありがとうございました。本日の趣旨がみなさんに伝わりましたでしょうか。  司会(曽我)土方さんは、それぞれの森への取り組みは特色があるといわれましたが、私が関わる麻生区の森も素敵な森です。ここで、7区の代表の方に登場いただき、森自慢をしていただきましょう。  司会(松井)それではまず、川崎区から順番に各区の森について、説明をお願いしましょう。

BACKNEXTTOPHOME